寒い日に飲むスムージーはホットで

現代人が、野菜をしっかり取り入れるにはスムージーが最適であるということが広まりました。 そこで、無理なく緑黄色野菜を摂取できるの見方が工夫されました。 それが、グリーンスムージーということから誕生したのです。 それまでフルーツジュースは、ありました。

ですが、男性や子供たちから毛嫌いされてきた野菜のドリンクだったのです。 今では、色々な野菜や果物を使うようになっています。 自分好みのスムージーを、考え楽しんで飲んでいる人たちが増えているのです。

スムージーの誕生

スムージーが、アメリカ西海岸のセレブたちの間で大流行をしたのが、2006年のことでした。 そして、日本にテレビなどで紹介され始めたのが美容やダイエットに関してです。 有名人が、利用しているなどの話題が溢れていた2011年のことです。

ホットスムージーとは

寒い冬でも、スムージーが楽しめます。 温めることで、抗酸化力や美容効果が増すホットスムージーをご紹介します。 野菜類の栄養素を、一気に吸収できるのがスムージーです。 ホットにしても、美味しく美しく健康にいただけます。 ホットスムージーダイエットの詳細は左のページを参考にしてください。

ホットスムージーの作り方

まず、小松菜100gを耐熱容器に入れます。 ラップをして、電子レンジで1分ほど人肌程度になる位に温めます。 次に、以下のものを混ぜます。

  • 小松菜
  • 干しえび小1
  • 鶏がらスープの素を小1/2
  • ヨーグルト大1/2
  • 水150CC

ミキサーで、ブレンドし終えたら再度電子レンジで1分温めます。 これで、苦味のない小松菜のホットスムージーの完成です。

もう一点、牛乳120CCを電子レンジで人膚になる様に温めます。 そして、以下のものを混ぜます。

  • バナナ1本
  • りんご1/2個
  • みかん1個
  • にんじん1/2本
  • 生姜少々

ミキサーでブレンドし終えたら、好みでシナモンを加えます。 これで、体がホカホカになるホットスムージー出来上がりです。

食物繊維などの栄養が、たっぷり取つことができます。 健康に気を配る女性の間で、人気な飲み物がスムージーです。 冷たいものという概念を破った、ホットスムージーで寒い冬を暖かく過ごしましょう。